【書評】寝ながら稼ぐ第一歩は、寝ながら損することの排除にあり。


みなさま。

はじめまして、こんにちは、こんばんわ。

 

アドチャップリンの管理人のアドチャップリンです。

 

今回の書評はこちらです。

IMG_2714

「寝ながら稼ぐ121の方法」

 

 

有限なる人生で有意義に過ごすには。

 

人生は有限である。

 

僕は小学生の頃から、ずっとこの考えに縛られて生きている気がする。

 

何をするにしても、

「本当にこの時間は己の人生に必要なのか?」

と考えてしまって、思う存分に満喫できていない。

 

それはなぜかというと、

限りある人生(命)の中で、

一切の無駄があることが耐えきれないからだ。

 

人生そうは思うようには行かないものだ。

自分が思うようにすべてがうまくいくために、

つまりは無駄のない人生を過ごすことができるというのは

乗り越えるべき壁がありすぎるのだ。

 

その大きな障壁の一つは、お金だ

お金は選択肢を拡める上で欠かせないものだ。

ある人とない人では、選択肢が5個くらい変わるという。

 

分かりやすく言うと、

例えば旅行の旅先を決めるとなると

お金がある人とない人の差は、

 

大きくは国内か国外かから始まり、

観光スポットに行けるか行けないか、

露天風呂付きのホテルに泊まれるか泊まれないか、

土地名物料理が漏れなく食べれるか食べられないか、

夜の風俗街でタイプの女の子を抱けるか抱けないか、

 

お金があれば、何をするにしても選択肢が拡がるわけだ。

選択肢が拡がれば、楽しい時間も増えていく。

 

 

だからといって、お金は簡単には手に入るものではない。

 

サラリーマンとして、一生懸命頑張ってもたかが知れている。

 

労働価値としての対価ではなく、投資時間としての対価なので、

どれだけ良い仕事をしても給料は(劇的には)変わらない。

 

会社は、従業員のある程度の安心な生活を提供するかわりに

安心代として給料を吸い上げているから仕方ないことだ。

 

会社として、組織として、家族として、

長男が次男の面倒を見るように

仕事ができる人はできない人をサポートしてあげなくてはならない。

それが家族であり、組織なのだから。

 

とはいえ、会社に属することがダメだとは言うことはできない。

 

会社は素晴らしい。

人材・金銭・ツール類のリソースが確保されているから、

事業を進めるにあたり困ることがあまりない。

(一から始めた企業を除く)

 

でも、提供価値とその見返りがあまりにも少ないのは納得できない。

いや、見返りが期待できないのにどうやってモチベーションを維持できるのか…?

 

対価(お金)がもらえ、生活が豊かになるから、頑張れるのだ。

生活が豊かになりにくい未来を、誰が頑張れるだろう…?


 

人生を賢く生きていくために必要なこと。

この世の制度は素晴らしいものだ。

生きていくために、平和に過ごすために、

欲求さえなければ、不自由ないように生きていくことができる。

 

 

でも、でもだ。

 

この世の中は実にくだらない。

理不尽な他人、退屈な毎日、変化のない日常、変わらない住宅周辺の景色、

未来の見える生活、敷かれた社会という名のレール。

 

ゆりかごから墓場までの時代は終わったはずだ。

社会の奴隷はもういい加減飽き飽きしている。

 

脱世俗をするためには、

いかにしてこの世を攻略するかにかかっている。

 

 

人生を賢く生きるために必要なこととは何だろう?

それは、お金を稼ぐ方法・術であると最近気づいた。

 

もう少し違う言い方をすると、

何かを成すための、正しい方法(プロセス)を実践することだ。

 

『方法』が分かれば、何をするにおいても容易いのではないか?

 

  • 会社で昇級する方法
  • 女の子とワンナイトする方法
  • 簡単にお金を稼ぐ方法

 

上記のことは世の中では誰かが過去やったことがあることだ。

ということは、不可能なことではないのだ。

 

つまり、そこにはなんらかの方法(プロセス、コツ、テクニック)が存在している。

 

この方法を知って、習得して、実践することができれば、

できないことはないと思わないだろうか?

 

自分のやりたいこと、思い描いたことが、簡単にできるようになれば、

最高の人生になりそうではないだろうか?

 

本当にいいものを作り出すプロセスを型化することができれば、

と考えたらどうだろう?

 

一度したことが、今度は難なく2度目3度目と同じ快感を得られることができる上に、

型化されたその攻略法を誰かに提供することで、

その経験自体が価値になるのではないだろうか?

 

人生を攻略するためには、まずは攻略法を知ることか始めるべきだ。

 

 

攻略法を知るには、知っている人に聞いた方が早い。

 

何度でも言うが、人生は有限である。

有限であるということは、無駄なことをしている暇はないということだ。

 

では無駄とは何か?

それは成功から遠ざかった失敗をしていることだ。

 

一度の失敗から多くの学べる失敗なら大事だが、

何も学べない失敗は無駄でしかない。

 

とはいえ、極力失敗も減らしたい。

 

そのためには

正攻法を知っている人、

過去同じようなことを経験した人に聞くことが早いに決まっている。

 

自分でなんとなくなっていては時間の無駄である。

 

学ぶ方法は、人に聞くか・本から得るかしかない。

周辺に有力者がいるならば小さいプライドや恥は捨てて即座に聞くべきだ。

 

アイドリングしている暇はないはずだ。

 

今回の書籍は、こういうことを気付かさせてもらった。

そして、多くの正攻法が記述されている。

↓ぜひ、一読の価値あり↓
「寝ながら稼ぐ121の方法」

寝ながら稼ぐ121の方法

新品価格
¥1,836から
(2017/9/3 13:22時点)

この書籍は怠惰になりたい人向けではなく

サラリーマンも一読の価値がある。

 

何気なく働いて、いつまでもいつまでも給料があがらないと

嘆いている日々を脱却するヒントが詰まっているはずだ。

 

 

さらに、著者は元コピーライターということもあり、

文書もかなり読みやすい。

是非、「寝ながら稼ぐ121の方法」を購入してみて。

寝ながら稼ぐ121の方法

新品価格
¥1,836から
(2017/9/3 13:22時点)

 

P.S.

「寝ながら稼ぐ」と聞くと、労せず簡単にお金を稼ぐ方法と想起するかもしれないが、

この書籍はそんな考えを許している内容ではない。

 

稼ぐためには、労することも必要ではあるが、

効率的に働いて、効率的にお金を稼ごうというのが趣旨である。

 

世の中にはあらゆる仕組みが存在していて、

知っていれば得する仕組みや制度、

お金を貰うのではなくお金を沸かせる仕組みが盛り込まれている。

 

飲み水がなくなれば、飲み水を貰いに行くのではなく、穴を掘っていつでも汲めるような状態にしておくべきではないか。

 

 

 

The following two tabs change content below.
Web系広告代理店の中の人。人生は「お金稼ぎ」と「恋愛」ゲームということで、ゲームの実況中継的感覚でサイトを運営しています。Instagram、始めました!