人の価値とは。


人の価値について考えていた。

 
価値…
 価値ってなんだろう?
 
言葉を分解すると、
おそらくそれは値打ちになるんだろう。
 
人の値打ち…
人に金額をつけることで、
人の価値が表されるのだろう。
 
じゃあ、人にどうやって値段をつけるのか?
たぶんきっと簡単で、人を商品と見立てればよくて
高額な商品って何か?って考えたら答えは出るんだろう。
 
高額な商品…
世にある各ブランド商品だったり
存在が稀で見つけることが難しい商品だったり
一部の界隈でとても便利な商品だったり
 
つまりそれは
自分以外の誰かにとって+となるもの。
 
その数が多ければ多いほど
もしくは、質が高ければ高いほど
その商品は高額になりえる。
 
では、具体的にはどうすればいいのか?
これもたぶんきっと簡単で、
来る者拒まずの受入体制を整えれば良い。

極端な話、嫌いな人も苦手な人も
自分を求めてくれるならそれに応じてあげる。
応じた瞬間に自分の値打ちがあがるわけだ。
 
誰かがあなたの「こういう部分」に期待しているから
あなたを求めてくれたわけ。

他には、人が求めるモノを作り出せばいい。
それは自分自身の分身となるもの。
いかにして人が求めるモノを作り出せたか?

その考えが詰まった商品こそが
生み出した本人の価値に繋がるものとなるはずだろう。
 
大事なのは、こういう部分をしっかりと認識すること。
この部分が実際の商品において核となるもの。
そしてそれがあなたの一番大事な糧となるもの。
 
 
 
 
 

The following two tabs change content below.
Web系広告代理店の中の人。人生は「お金稼ぎ」と「恋愛」ゲームということで、ゲームの実況中継的感覚でサイトを運営しています。Instagram、始めました!