【メモ】ストーリーの生み出し型。


世の中には、何万通りの物語が存在する。
どれ一つとっても同じ物語はない、はずである。

ただ、そんな唯一無二の物語も
ルール、つまり、起承転結によって構成されている。

ということは、起承転結をまずは熟知する必要がある。
まずは、起承転結を3つのストーリーラインに分割して
それぞれを細かく理解すべきだ。

3つのストーリーライン
1幕.発端
2幕.葛藤
3幕.解決(結末)

物語は概ね、この3つに集約される。
では、各幕を見ていく。

<1幕>発端
①どんな人物が、②どんな状況で、③何をしたいのかを明記。
発端は、目的地の明示です。

主人公がこれから何を行動or目的or欲望を読者に伝えます。
ここで明示することで、一緒に船に乗るイメージです。

①『どんな人物か』主人公のキャラクター設定
②『どんな状況か』ドラマの設定、世界観、ジャンル
③『何をしたいのか』キャラクターの動機付けに納得性を持たせます

<2幕>主人公の葛藤ー感情移入ー
要素:対立と障害

<3幕>解決(結末)
「主人公はそれでどうなった?」つまり、主人公の目的達成がクライマックス。
同時に、主人公の人間性も1幕より変化していることが重要となる。

新しい日常:当初の日常よりも視界が晴れ、変化した自分を受け入れ、新たに前へ進む。
この変化は、主人公だけでなく、主人公の周りの人間も影響を受けているはずです。
そしてテーマを感じさせる。この映画はこういうことを伝えたかったんだと訴える必要がある。

おまけ:<ターニングポイント>2幕と3幕の入口の前のターニングポイント
日常から非日常に入るきっかけ(1幕→2幕)、非日常から日常へ戻るきっかけ(2幕→3幕)

1幕ターニングポイント:2幕の非日常へ向かうために、主人公が重大な決断をする場面。
2幕ターニングポイント:3幕の日常へ戻るために、主人公は解決策を見つけ、後は実行に移すという決断をする場面。
解決策の作り方は、キャラクター性を活かしたユニークなアイデアであるべき

参照:http://kyakuhonkakikata.com/rulesofscreenplay

The following two tabs change content below.
Web系広告代理店の中の人。人生は「お金稼ぎ」と「恋愛」ゲームということで、ゲームの実況中継的感覚でサイトを運営しています。Instagram、始めました!