最高の暮らしを極めること。


 

今、ネットでちらほら話題の
新生「大塚家具」のコマーシャルを取り上げたい。

主演は、平愛梨の妹、平祐奈ちゃん。

このCMはネット時代の拡散を狙った、結果オーライな策略だなと。
それでも、やはり家具を中心にビジネスを展開している大塚家具は、

まさにおいしい展開となって、良かったなと思います。
そこでいまいちど、家具について思ったことを徒然と。

 

生きていく上で必要な衣食住ですが、

食事は衣類はいくつも変えることができますがが
「住」、いわゆる住む場所・家具というのは、何度も変えるのは難しい。
そこで自分の住みやすい環境を整えることがとても大事になってくる。

動画でも述べていたが、良いインテリアとは良い日常を生み出すものである。
そして良い日常とは人を幸せにしてくれる。

当然なことであるが、それを実現することは中々難しい。

理由は簡単で、
人が心地よいと感じる家具、配置、好み

これは意外と自分本人もわからないことが多いからである。

好きなものだけを買って配置してもバランスが崩れたり
色がまちまちで結果住みにくくなってしますこともある。

そんなときに助かるのが家具を買う際にアドバイスをくれる店員さんだ。

買い物の際、接客というのは時にはうっとしい場合もあるが、
家具などの大きな買い物には意外とありがたいサービスなのではないだろうか。

IDC大塚家具は、出迎える店員、密着したサービスなどまるで車のディーラーのようで
少し敷居が高いようにも思えたが、最近客層を広げいており、
ファミリーでも気軽に 訪れることができるようになったと思う。

接しやすい店員と一緒に住みやすい暮らしを目指してはいかがだろうか。