なぜ、WEB広告の単価が上がらないのか?


なぜWEB広告の単価が上がらないのか?

需給関係。

 ネット広告を運用する上で、基礎知識として知っておくべき内容。
 通常、需要が高まればその分、オークション構造と同様、価格は上がるはずなのに、ネット広告一枠の単価はあまり変動していないイメージ。競合や時期などによる変動はあれど、爆発的に価格って上がっていない。

引用先:なぜWEB広告の単価が上がらないのか?

 

要約

  • ネットの広告単価が上がらない理由:無尽蔵に増える広告枠
  • インターネット広告でもYahoo!のような人気ポータルの枠は限られていて、競争も(比較的)激しいだろうが、無尽蔵に色んなサイトが増え、そのサイトが一定規模のPVを稼げればそこで広告商売は成り立つ。出稿主は出稿先が増える。だが広告費の総和は限られている。
  •  インターネット上に広告枠がある媒体の供給がいくら増えようが、視聴者の可処分時間の総和が上がるわけではない。
  • 流通情報量が2倍になっても消費情報量は1.1倍にしかならない。
  •  今後も流通情報量は増えていくはずで、インターネット媒体は大きなトラフィックを集められるごく一部の勝ち組媒体になれなければ、競争過多により広告単価がさらに下落していくことが予想される。PCからスマホへトラフィックの主戦場が流れることで、単価下落に拍車が掛かっている。
  • 「なぜWEBの広告単価は上がらないのか?」という質問にシンプルに回答すると「広告枠が無尽蔵に増えるため、むしろ需給関係が悪化し続け、広告単価が下がり続ける」という結論になる。
The following two tabs change content below.
Web系広告代理店の中の人。人生は「お金稼ぎ」と「恋愛」ゲームということで、ゲームの実況中継的感覚でサイトを運営しています。Instagram、始めました!