広告志望者が陥りる勘違い


https://flic.kr/p/bhVdte

志望者サイドの目線

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「クリエイティビティがすごい大事!

そんな広告を作りたい!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広告業界の志望者が頻繁に口にする、このクリエイティビティというワード。
求人においても、メッセージで創造をしようだの共創しようだの
謳っている企業が多いから志望者サイドもつられてしまうのだろう。
では、広告業界はクリエイティビティさえあればいいのだろうか。

広告代理店のお仕事

広告代理店のお仕事は、そういった「作品作り」ではなく、
『クライアントのコミュニケーション上の課題解決』が求められるのが第一。

それらを前提にすれば、クリエイティビティよりも常識やモラルといった観点から
企業商品の何がコミュニケーション上の問題なのかを発見できることが大事、ではないでしょうか。

奇抜な発想や奇を衒うことよりも世間の関心事・世間の空気を察することができ、
ミーハーな発想を自然とできる人のほうが求められるのではないか。

人事サイドの目線

広告を作りたい!という要望に対して人事側が思うことは、

確かにそういった夢は大事であると思います。
ただ、まずはクライアント側が何を求めているのかを
身近で感じ取ることを学んでからでもいいのではないのか。

広告代理店は客商売なわけですから、
客商売には、営業スキルが必要です。

そういった面で言えば、

感じの良い人
上下関係・理不尽さにも慣れている人
場の空気を読める人
色んな人に会うことを躊躇わない人
毎日の生活を徹底的に楽しんだ人

という人材は重宝されるのだと思います。

広告会社って橋渡し?

「御社の、クライアントと生活者の間に立ち
関係者全員の幸福を調整するお仕事に魅力を感じました!」
と言う人がいます。

広告会社は
クライアントと生活者のパイプ役なのでしょうか。

冒頭でも書きましたが、広告会社が重要視すべきことは、
『クライアントの課題解決』

クライアントと生活者のコミュニケーションにおける
問題をつきとめ、解決することが必要なんです。

さらに、クライアントにとって最も重要なのは、広告ではありません。商品です。
生活者に企業側が抱く商品愛に共感してもらうことが課題です。
そこに我々広告プランナーもシンパシーを感じなければならないのです。



C&R社では、年間紹介数は数千人にのぼります。
正社員、契約社員、紹介予定派遣、派遣、請負の仕事情報が検索できます。
その方のライフスタイルに合わせて、ご紹介が可能です。
転職活動中の方も、いつかは転職を、とお考えの方も要チェックです!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HO6XE+8QYBSI+327S+631SZ

The following two tabs change content below.
Web系広告代理店の中の人。人生は「お金稼ぎ」と「恋愛」ゲームということで、ゲームの実況中継的感覚でサイトを運営しています。Instagram、始めました!